公益財団法人音楽鑑賞振興財団

サイト内の現在位置
ホーム
出版・販売
季刊「音楽鑑賞教育」:バックナンバー

出版・販売季刊「音楽鑑賞教育」: 2021年度バックナンバー

Vol.45(2021年4月発行)

B5判 74ページ
全ページカラー

最新号表紙
巻頭言
歌声にならない大合唱もある 川池 聰 (元鳥取大学教授)
SPECIAL TALK
世界にある音楽を広く捉えて ゲスト:徳丸吉彦 (音楽学者)
特集:コロナ禍と音楽の授業
テーマ設定の趣旨 コロナ禍の音楽の授業を「これから」に生かすために 加藤富美子 
(東京音楽大学客員教授・季刊「音楽鑑賞教育」編集委員)
実践 コロナ禍から見えてきた音楽の授業
小学校 コロナ後の世界を作っていく子どもたちを育むために 福岡亨子 (聖心女子学院初等科教諭)
コロナ禍における音楽の授業実施のためのガイドラインと授業の実際 湯澤 卓 (新潟県上越市立春日小学校教諭)
中学校 子どもたちのためにできることは何かを考える 小林拓也 (長野県佐久市立浅間中学校教諭)
「コロナ禍」だからこそ生徒が関わり合う鑑賞の授業 加納春弥 (山口県光市立島田中学校教諭)
高等学校 いろいろな可能性を模索して楽しい音楽の学びに 北村由里子 (東京都立駒場高等学校指導教諭)
論考 音楽の授業における新型コロナ対策について 齊藤忠彦 (信州大学教授)
まとめ コロナ後のグレードアップを目指して 加藤徹也 
(武蔵野音楽大学教授・季刊「音楽鑑賞教育」編集委員)
教材研究と指導法
クラリネット・ポルカ(ポーランド民謡) 教材ノート 福井昭史 (長崎大学名誉教授・長崎女子短期大学教授)
展開例 江田 司 (名古屋学院大学教授)
アルハンブラの思い出(タレガ) 教材ノート 福中冬子 (東京藝術大学教授)
展開例 佐藤太一 (埼玉大学教育学部附属中学校副校長)
交響曲第40番(モーツァルト) 教材ノート 奥田佳道 (音楽評論家)
展開例 瀬戸 宏 (東京都立農業高等学校非常勤教員)
〈新連載〉宗教と音楽
古代からルネサンス 佐藤 望 (国際基督教大学教授)
本の紹介
  • わたしたちに音楽がある理由 音楽性の学際的探究
  • 児童が最後まで聴きたくなる!鑑賞授業の事例集
  • 366日の西洋音楽
佐野 靖 (東京藝術大学教授)
市販DISC を教材に
私が工夫している授業紹介
郷土の音楽の鑑賞・体験を生かして文化的な世界を創造する授業 ~巫女爺人形操りの題材化を通して~ 平出久美子 (新潟大学附属長岡小学校教諭)
全日音研のページ
令和3年度の全日音研全国大会の開催について 小松康裕 (全日本音楽教育研究会本部事務局長)
2020年度 音楽鑑賞教育振興 助成研究募集 入選研究計画論文
生活や社会の中の音楽・音楽文化と豊かに関わる資質・能力の育成 ~「八戸三社大祭」を中心とする郷土の音楽の鑑賞指導と教材開発~ 八戸市中学校郷土の音楽の授業研究会 
(代表:長者久保希史子(八戸市立北稜中学校教頭))
曲想や音楽の構造を感受し、言葉で表せる生徒の育成を目指して ~生徒が分かる、書ける、語らう音楽授業の展開~ 力田和歌子 (長崎大学教育学部附属中学校教諭)