公益財団法人音楽鑑賞振興財団

サイト内の現在位置
ホーム
出版・販売
季刊「音楽鑑賞教育」:バックナンバー

出版・販売季刊「音楽鑑賞教育」: 2019年度バックナンバー

Vol.37(2019年4月発行)

B5判 68ページ
本体価格1,500円(税別)

最新号表紙
巻頭言
音楽と言葉と体の動き 山本文茂 (東京藝術大学名誉教授)
SPECIAL TALK
吹奏楽の可能性を求めて ―合奏する喜び、音楽を創る喜び― ゲスト:中橋愛生 (作曲家・東京音楽大学准教授)
特集:鑑賞における音楽と体の動きの関連
テーマ設定の趣旨 感性の根源に「体の動き」の働きをみる 山下薫子 
(東京藝術大学教授・季刊「音楽鑑賞教育」編集委員)
実践 鑑賞の学習における「音楽と体の動き」の取り組み
小学校 鑑賞と表現を行き来する 湯澤 卓 (上越教育大学附属小学校教諭)
郷土の音楽を体感し、良さを最大限感じる 金子 緑 (東京都日の出町立大久野小学校教諭)
中学校 鑑賞の学習における「音楽と体の動き」について 片岡憂佳 (千葉県野田市立東部中学校教諭)
鑑賞授業における効果的な「体を動かす活動」 石原孝一 (山梨県甲斐市立玉幡中学校教諭)
高等学校 音楽と一体化し生徒の感覚を大切にした鑑賞にするために ~「旋律ライブドローイング」「エア鼓体験」を取り入れた実践 広戸茉里 (島根県立安来高等学校教諭)
論考 身体性から捉えたこれからの鑑賞授業 伊野義博 (新潟大学教授)
まとめ 鑑賞活動における「身体を通した学び」の指針 加藤富美子 
(東京音楽大学客員教授・季刊「音楽鑑賞教育」編集委員)
教材研究と指導法
ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス1世) 教材ノート 奥田佳道 (音楽評論家)
展開例 江田 司 (名古屋学院大学准教授)
ウエストサイド物語(バーンスタイン) 教材ノート 福中冬子 (東京藝術大学教授)
展開例 和田 崇 (東京音楽大学准教授)
牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー) 教材ノート 福井昭史 (長崎大学名誉教授)
展開例 小峰和則 (東京都立新宿高等学校主幹教諭)
〈新連載〉現代に息づく日本の民俗音楽
変化する郷土芸能 小岩秀太郎 
(公益社団法人全日本郷土芸能協会事務局次長・理事)
本の紹介
  • 成功する音楽科の新習慣 練習・本番・身体の戦略的ガイド
  • 唱歌教育の展開に関する実証的研究
  • 新しい音楽鑑賞 知識から体験へ
佐野 靖 (東京藝術大学教授)
市販DISCを教材に
全日音研のページ
2019年全日本音楽教育研究会全国大会 東京大会(総合大会) 大会開催に伴う関連行事のお知らせ 小松康裕 (全日本音楽教育研究会本部事務局長)
平成30年度 第51回 音楽鑑賞教育振興 論文・作文募集 研究助成の部 入選研究計画論文
小学校・中学校における音楽への複眼的思考の育成
―音楽理解の深化をめざした鑑賞指導の実践―
北海道教育大学札幌校音楽科教育研究グループ 
(代表:寺田貴雄 (北海道教育大学札幌校))
音鑑の事業紹介
  • 音鑑・冬の勉強会2018「よりよい授業を求めて」